マスターコース・洋画科

洋画の技術をわかり易く、デッサンからグリザイユ(モノクローム絵画)、低彩度の色での制作、構図法を活かした作品作りへと、 システマチックにカリキュラムを構成しています。
特にデッサンは日本であまり例のない「線描」を基軸に、幾何学的遠近法や 美術解剖学、視覚心理の理論などを踏まえつつ、豊富な実習時間を通して質の高い造形力を身につけることができるよう 設定されています。

開講日
木曜日・金曜日・土曜日
開講時間
午前クラス10時~12時30分・午後クラス13:30分~14時
入学金
30,000円(初回のみ)*
授業料
440,000円(材料費別・税込み)*
実習費
60,000円*
施設費
100,000円*
合計
630,000円
担当講師
甲斐光省・新井隆・山本大貴
洋画科マスターコース1~3年モデルプラン
1年目 2年目 3年目
第1部 第2部 第3部 第1部 第2部 第3部 第1部 第2部 第3部
実習 デッサン(鉛筆や木炭)
幾何学体
石膏像
静物「線を学ぶ」
グリザイユ「明暗を学ぶ」
木炭・コンテ
油絵・アクリル
三原色を意識した絵画
油絵
アクリル
三原色を意識した絵画
大作に挑戦「30号」以上
大作に挑戦 古典技法に挑戦
フレスコ・テンペラ
みつろう画
スーパーリアリズムに挑戦
個展・グループ展
公募展に挑戦
講義 幾何学(遠近法・国学)
美術解剖学
材料学
構成学
造形心理学
その他 ヌードクロッキー
風景合宿

担当講師

新井隆

経歴

1959年生まれ

阿佐ヶ谷美術専門学校卒

朝の会  新人賞、グランプリ受賞

一水会展 特別賞、山下新太郎奨励賞、会員佳作賞(2回)受賞

埼玉県展 高田誠記念賞受賞

第8回小磯良平大賞展入選

日展入選8回

他 個展、グループ展多数

一水会会員

授業内容
 

観ることと、それを形にする方法とは区別できず、画技により 見つめる対象は図像化されますが
それには、絵画の要素である立体感、距離感、材質感等を描き分ける力が欠かせません。

それらは、作文における文字や単語、文法等に相当し、言葉で教えることのできる事柄ですが、
それを身に付けるための修練を繰り返す中で感性は磨かれます。

本講座では、受講生の歩みに添いながら"絵の言葉"を用いてアドバイスをします。

講師作品

新井隆先生作品 新井隆先生作品 新井隆先生作品

甲斐光省

経歴

1961年 宮崎県生まれ

1983年 阿佐ヶ谷美術専門学校絵画科卒 朝の会入会

1984年 同校研究課程修了

1984年~1996年まで個展グループ展で発表

主に絵画研究会「朝の会」が銀座洋協ホールで開催する「朝の会展」で作品を発表

主な受賞歴 学校長賞、のぞみ賞、近藤美術賞、ふじや賞、朝の会奨励賞、朝の会賞

「介護のコツがよくわかる本」イラスト担当

授業内容

簡単なデッサンや画材の説明、紹介

生徒さんの希望により、デッサン、水彩、アクリル、油絵などを選択し、制作をはじめる

静物画を製作する←講師がアドバイスしながら自分でセット

デッサン希望の方は石膏像か、静物用モチーフを選択する

これ以外の方は講師と話し合いながら各自の方向を探っていきます。

授業の流れ

まだ明快な(自分の絵の)イメージがなく、基礎からじっくりやりたい人は、オーソドックスな油彩画、絵画から教えます。 デッサンについては、遠近法の問題や明暗の組み立て方、調整の仕方、構図、構成の基本的な作り方から応用まで 紹介していくつもりです。

人物画に関しては効果的な美術解剖学をレクチャー。構図、構成に役立つ幾何学や造形心理学のおもしろさも伝えたい。 生徒さんが前向きに(積極的に)絵を描きたくなるような教室の雰囲気、教え方を目指していきたいですね。 各自が自分の理想とする絵画のスタイルをイメージしながら制作してもらいたい。

講師は生徒さんの疑問に答えながらアドバイスできるように努力する。

持ち物

鉛筆(2H/H/HB/B/2B/3Bなどなど)

練り消しゴムやプラスチック消しゴム

カッター、木炭、しんぬき、クリップ大×2>

ボロ布(木炭デッサン用・油絵そうじ用)

スケッチブック、クロッキー帳、キャンバス

キャンバスクリップ、筆(8~10本)

油壺、ペインティングナイフ、パレットナイフ

パレット、テレピン、ペインティングオイル

絵の具(教室で説明)

※ボロ布以外は学校で購入可能

画溶液は好みのブレンドオイル希望の方は購買のものがお勧め
(何種類か買って調合←アドバイスします)

講師作品

甲斐光省先生作品 甲斐光省先生作品 甲斐光省先生作品

山本大貴

経歴

1982年 千葉県生まれ

2007年 白日会展初出品 白日賞 会友推挙

2009年 武蔵野美術大学大学院 造形研究科 美術専攻 油絵コース修了

2010年 白日会展 富田賞 会員推挙

ホキ美術館開館記念特別展

2011年 昭和会展 優秀賞

現在 白日会会員

授業の流れ

1~2週、モチーフを設定し、デッサン

油絵での制作をする場合下絵として線を重視する

下絵を元に油彩を制作する

地塗りしたキャンバスに下絵を転写し、はじめにモノトーンで描き進める。

進行具合によって1週~1ヶ月ほど、この過程を続ける。

着彩に入る

※あくまでもそれぞれの表現へ進む前の基準としての製作過程としてひと通り経験してもらいます。

授業内容

絵は学ぶだけで上手になるものではありません。ここでは生徒さんの「表現欲求」に応じてそれをスムーズに 実現していけるようにアドバイスします。

油絵具アクリル絵の具またテンペラまで、画材の扱い方、応用技法から画面構築への理解、また、油絵、 その表現の歴史的観点からの理解など、絵画制作を体系的に知ってもらえるように心がけています。

持ち物

0から油絵をはじめられる方は画材費をご用意ください。(おおよそ¥20,000程度)

経験のある方は一式(現在お持ちの物)を持参ください。

確認させていただき、不足なものなどを指摘します。

講師作品

デッサン

グリザイユ

原色に基づいて

幾何学,視覚心理学

美術解剖学

授業風景

資料請求はこちらへ

アクセス

PAGE TOP